Home > ビジネス・企業 | 美容・健康 > 岩盤浴について

岩盤浴について

調査テーマ
岩盤浴
調査目的
岩盤浴グーチョキパー様より岩盤浴についての調査
開催期間
2007年9月8日~9月30日
岩盤浴アンケート回答者属性
Q1 - 岩盤浴に行ったことありますか?

岩盤浴に行ったことありますか?一時期、岩盤浴ブームもありましたが、行ったことあるという回答率は64%と比較的低い数字でした。


Q2 - 岩盤浴に行く目的は何だと思いますか?

岩盤浴に行く目的は何だと思いますか?1位は、約半数の方がリラックス・癒しのために行くという回答でした。 2位は、健康維持のため。3位は美肌・美容効果、4位はダイエットを続きました。汗をかく=ダイエットと思いがちですが、癒しを求めて行く方が多いですね。


Q3 - 岩盤浴と聞いて連想するものはなんですか?

1位
【その他の連想ワード】
エステサロン、バスローブ、水分、健康、ラジウム、石、さらさらの汗、岩、大量の汗、リラックス、岩盤浴、毒出し、冷たい水、流行、発汗、不衛生、酵素水、不衛生、体にいい、老廃物、癒し、寝る、女性限定、溶岩浴、新陳代謝
2位
デトックス
3位
暑い
4位
サウナ
5位
ダイエット


Q4 - 岩盤浴グーチョキパー店をご存知ですか?

岩盤浴グーチョキパー店をご存知ですか?全Fuxi会員さん対象すると半数の認知度でした。また、グーチョキパー様の店舗がある郡山市、いわき市の方を対象にすると72%という結果が得られました。

Q5 - 岩盤浴グーチョキパーに行ったことはありますか?

岩盤浴グーチョキパーに行ったことはありますか?全Fuxi会員さん対象するとほとんどの方が利用したことがないという結果。今後、この結果や、FuxiでのPR効果で利用率がUPすると思われます。


Q6 - 岩盤浴グーチョキパーの価格設定についてどう思いますか?

この結果については、発表を控えさせていただきます。

Q7 - ご意見ご感想
  • 店員さんの対応が立派!!!場所等のアピールが(看板とか)もっとわかりやすいとより入りやすいかも。ただ、あまり人があふれるお店になってほしくないから、隠れ家的店舗運営のほうが個人的にはうれしい。
  • いっぱい汗かいて健康に!
  • 腰痛が和らいだ感じ
  • さいたま市内にある健康ランドにある岩盤欲によく行くのですが、普通の温泉施設(サウナ、露天風呂、その他健康温泉)に入れて1000円で入れます。お得☆お得☆ 岩盤浴もリラックス効果のある音楽や、玉のような汗が出て、気持ちいいです。またいきたいなって思います☆
  • 岩盤浴も良いが溶岩浴も今良いとされている。実際肌がツルツルになった気がした。
  • 隣との間の仕切りがしっかりしてると安心。ローブを着ているけど男女一緒だと少し恥ずかしい気も・・・(すっぴんだし!) カップルや友人で入れる個室みたいなのがあってもいいかも。
  • 汗をたくさんかくことができて、とてもすっきりしました。もう少し安いと行きやすいのに、と思いました。
  • 東京の岩盤浴によく行きますが、清潔で女性のアメニティもそろっていて、大好きです。福島に岩盤浴があると知らなかったので今度利用してみたいと思いました。
  • サウナよりも息苦しくなく、汗をかきやすいので好きです。
  • 女性には優しいグーチョキパーだと思います。女性は優遇されている、ちょっとひがみ(笑)
  • まだ一度しか行った時ないですが、想像していたより汗が出たので驚きました。また、行きたいです。
  • 感想:たくさん汗をかくので気持ちがいいです。要望:本を定期的に変えるなどしてもらえたら嬉しいです。
  • 初めてのお友達を連れて行ったらポイントサービス有り!とか足つぼマッサージ10分サービスとか何かサービスあると良いね。
  • 新陳代謝が活発になりそう!
  • ぜひ行ってみたいです。長風呂が嫌いなのでリラックスできる物を見つけたいです。
  • グーチョキパーさんは今まで行ったことのある他の店より、室温が高くて汗がたくさん出ました。時間制限なしなのがうれしいです。あってほしいのは、癒しの香りかな・・・アロマポットなどおいてみたらいかがでしょう??
  • 是非、試してみたいと思いつつ行ったことがないので、近いうちに行ってみたいと思います。
  • 普段の生活では、大量の汗をかくことが難しいので、岩盤浴にいける場所が増えているのは嬉しいです。

リサーチ企業紹介
岩盤浴グーチョキパー様
岩盤浴グー・チョキ・パーは極上の岩盤(波動石)を使用しています!地域密着型で誰でも 、ゆっくりおくつろぎ、お楽しみいただくことができるお店です。

コメント:0

Home > ビジネス・企業 | 美容・健康 > 岩盤浴について

検索
フィード

このページの先頭へ戻る